GMOクラウドiCLUSTA+でWordPressブログを始める方法

GMOクラウドiCLUSTA+でWordPressブログを始める方法

どうも、ごりょんさんです。

今回もレンタルサーバーネタになります。

先日の記事でGMOクラウドiCLUSTA+のミニプランの新規登録方法を解説しました。

アダルトOKのレンタルサーバーGMOクラウドでセルフバック報酬ゲット
アダルトOKのレンタルサーバーGMOクラウドでセルフバック報酬ゲット
こんにちは!ごりょんさんです。 今回はアダルト運営OKなレンタルサーバー会社 GMOクラウドの新規申し込みでセルフバック報酬をゲットし...

今回はGMOクラウドiCLUSTA+で実際にWordPressをインストールするまでの手順を解説していきたいと思います。

GMOクラウドiCLUSTA+の特徴はアダルトサイト運営がOKと言う事です。日本のレンタルサーバー会社では珍しいですね。

しかも月額1008円とFUTOKAレンタルサーバー

の半分の値段での運営が可能です。

しかしWordPressをインストールするまでには複雑な作業をこなさなければなりません。そこで初心者にも分かり易いように手順を追って解説していきます。

スポンサーリンク

GMOクラウドiCLUSTA+のPlanManagerへのユーザー登録

PlanManagerとは何ぞや?

「PlanManager(プランマネージャー)」は独自開発の高性能サーバー管理ツールです。初めてレンタルサーバーを利用する方でもブラウザから簡単に操作でき、サーバーの様々な設定を行っていただけます。
PlanManager(プランマネージャー)とローカル PC 間は SSL(暗号化セキュリティー)で接続されるため、各種パスワードなど重要な情報の操作も安心です。

要するに管理画面と言う事ですね。PlanManagerに登録する事が最初の一歩になります。

PlanManager→https://www.iclusta.com

「【GMOクラウド】iCLUSTAサーバー設定完了通知」のメールにそれぞれ記載されている「ドメイン名」「ログインID」「パスワード」を記入していきます。

utoka→gmoクラウドへサーバー移行2

utoka→gmoクラウドへサーバー移行3

PlanManagerにログインしましたので「ユーザー管理」→「ユーザー登録」と進みます。

utoka→gmoクラウドへサーバー移行4

任意の「ユーザー名」「パスワード」を記入していきます。ユーザー権限は「ドメイン管理者 」にチェック。eメールアドレスも「作成する」にチェックを入れておきます。

utoka→gmoクラウドへサーバー移行5

「ユーザー切り替え」で先ほど作成したユーザーに切り替えます。契約者と使用者が同じ場合は切り替えなくても良いと思いますが、この辺がややこしいですね。

utoka→gmoクラウドへサーバー移行6

FTPアカウントの登録方法

次にGMOクラウドiCLUSTA+でFTPソフトを使えるように設定していきます。

icon-question FTPソフトとは?

FTPサーバーに接続してファイルをアップロード・ダウンロードすることができるソフト。

WordPressでブログや管理画面が真っ白になった! こんな時にFTP接続をして原因を取り除いてやることもできます。

GMOクラウドを使用する上では必需品になりますね。

「個別ユーザー管理」→「ユーザー情報」と進みますとFTPに接続するための項目が記載されています。

utoka→gmoクラウドへサーバー移行9

FTPソフトを起動して「新規ホスト」を選択して項目に記入していきます。わたくしはFFFTPを使っています。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行10

①ホストの設定名 任意の名前でOKです。

②ホスト名 「ウェブサーバー・IPアドレス」に記載されているIPアドレスを貼り付けます。

③ユーザー名 先ほど登録したユーザー名です。

④パスワード こちらも先ほど設定しパスワードです。

⑤ローカルの初期フォルダ パソコンのデスクトップが無難ですね。

以上でFTPソフトの設定が完了しました。

接続してみますしっかりと繋がっていました。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行11

データベースの申し込み

データベースとは何ぞや?

データベース=MySQLと考えて良いですね。GMOクラウドiCLUSTA+では、WordPressをインストールしてブログを1個作るにはデータベースが1つ必要になるという感じです。ブログを増やすには1つずつ申請していかなければなりません。

データベースを申請するにはGMOクラウドiCLUSTA+のもう1つの管理画面のアカウントマネージャーにアクセスします。

アカウントマネージャー→http://help.ac-mgr.com/gmocloud/

アカウントマネージャーから①「契約一覧」→②プランの「詳細」をクリックします。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行14

「オプションの追加・解約」をクリック。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行15

無料データベース(MySQL)にチェックを入れて「次のステップへ進む」→「利用規約を確認する」→「以上約款に同意する」のチェックをON→「申し込みを確定する」と進みます。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行16

しばらくしますとGMOからデータベースの設定完了のメールが来ます。

GMOクラウドiCLUSTA+でWordPressブログを始める方法1

今度はPlanManagerにアクセスします。「ユーティリティ」→「データベース設定」と進みます。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行17

「新規データベースを作成」をクリックします。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行18

対象ドメインを選択して任意のパスワードを記入し「作成」をクリックします。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行19

ここで作成した情報は後で使用しますのでスクリーンショットで保存しておきます。

WordPress自動インストール

ようやくWordPressの自動インストールです。前設定が長すぎて日が暮れてしまいそうです。FUTOKAではこんなにもややこしい設定はしませんでしたが(笑)。

PlanManagerから①「ウェブコントロール」→②「アプリインストーラー」→③「アプリ・CGI管理」のドメイン名をクリックします。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行20

アプリ・CGI管理ページの「インストール」をクリックします。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行21

ブログのWordPressをインストールします。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行22

インストール先ディレクトリを作成します。なおGMOクラウドではドメイン直下にはインストールできませんので、wpというフォルダを作成しなければなりません。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行23

先ほどスクリーンショットで保存した情報を入力していきます。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行24

インストールが実行されました。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行25

WordPressの初期設定

インストールされたURLをクリックしますとWordPressの初期設定画面にアクセスされますので必要事項を記入していきます。

サイトタイトル・ユーザー名・パスワードを記入していきますが、サイトのタイトルは後で変更可能ですので適当でもOKです。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行26

インストールが完了しましたのでログインをクリックしてみましょう。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行27

真っ新のブログが登場しました。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行28

新しく作成したブログのURLを確認してみますとドメインの後ろに「wp」が引っ付いていました(笑)。インストール時に「wp」というフォルダを作成していますので当然ですね。

GMOクラウドiCLUSTA+ではドメイン直下のルートディレクトリにWordPressを直接インストールする事はできません。

GMOクラウドiCLUSTA+でWordPressブログを始める方法2

トップページの後ろにwpが付いたブログはなんとなくブサイクですね~ この「wp」を取り除いていきたいと思います。

ブログのトップページURLから「wp」を取り除く方法

新しく作成したブログのダッシュボードから「設定」→「一般設定」と進みます。

「サイトアドレス (URL)」のwpを削除します。「変更を保存」を忘れずに。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行29

次にFTPソフトに接続します。wp内にあるindex.phpをデスクトップにダウンロードします。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行30

TeraPadにファイルを放り込みます。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行31

/wp-blog-header.php

/wp/wp-blog-header.php に変更して保存します。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行32

変更を加えたindex.phpをドメイン直下(元の場所の1つ上の階層)へアップロードします。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行33

最後にindex.htmをindex_htmに変更します。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行34

これでwp無しのサイトが表示されました。

:サイトが表示されない時はブラウザのキャッシュを更新すれば良いです。F5ボタンを押せばOKです。

wwwの「あり」「なし」の統一

「www」のあり・なしを統一しておきます。検索エンジンから重複サイトとみなされるのを避ける為ですね。

「http://www.sample.com」
「http://sample.com」

今回は「www」なしに統一していきます。

「ダッシュボード」→「一般設定」と進みます。

WordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)の両方のwwwを削除してやります。

futoka→gmoクラウドへサーバー移行45

これで大分スッキリしましたね。

ビフォー
http://www.sample.com/wp/

アフター
http://sample.com/

まとめ

アダルトサイトを運営するに当たり、レンタルサーバー会社の選択は重要になります。

FUTOKAは管理画面も使いやすくWordPressのインストールも簡単に行えます。反面、月額がおよそ2000円と高くなっています。

GMOクラウドiCLUSTA+ミニなら月額1008円とFUTOKAの半額程度で運営出来きます。

関連記事→WordPressのブログを実質無料で運営する方法

しかし独特の管理画面やWordPressをルートディレクトリにインストール出来ないなどの難点もあります。

安さを取るか快適さを取るかでレンタルサーバー会社の選び方が変わってきますね。

コメント

  1. ともちん より:

    こんにちは。ともちんと言います。
    かなりの作業量になってますね。
    もう忘れましたが、ワードプレスこんなにやったかな?って感じですね。
    でも具体的な説明ですごく分かり易いですね。
    応援しますね。

    • ごりょんさん より:

      ともちんさんコメントありがとうございます。GMOは作業量が多くなりますね(笑)。