googleアドセンスのクリック単価の低い広告や不適切な広告をブロックする方法

googleアドセンス

どうも、ごりょんさんです。久々の更新になります。

わたくしの競馬ブログではgoogleアドセンスの広告を導入しています。

月曜日から木曜日まではアクセスは皆無です。金曜から日曜にかけてが稼ぎ時になります。googleアドセンスのバナーもチラホラとクリックされていましたが、最近クリック率が落ちてきました。

28,724pvでクリックされたのが127回でした。クリック率は0.44%という事になります。

googleアドセンス2

googleアドセンス3

しかしこの1か月の間では0.26%まで落ちてきました。

googleアドセンス4

このままではマズイですので、この原因を調べてみる事にしました。

まずはブログの広告を見てみましょう。

googleアドセンス5

競馬予想ブログにえんきんとか美容クリームとか(笑)。これではさすがにクリックしてもらえないですね。

このようなミスマッチ系の広告をアドセンスの管理画面でブロックする事が可能です。

スポンサーリンク

不適切な広告をブロックする設定方法

ブログにマッチしない広告をブロックしてみましょう。

アドセンスのサイトの「広告の許可とブロック」➝「一般カテゴリ」と進みます。

googleアドセンス6

  • 広告表示回数の割合
  • 収益額の割合

この2つの項目を比べてみます。

広告表示回数の割合=サイト全体に対するこの広告の割合。
収益額の割合=サイト全体の収益に対するこの広告の利益の割合。

「インターネット」を例に挙げますと、全体の25.2%を占めていて利益が45.9%とほぼ半分の稼ぎになっています。

広告表示回数の割合収益額の割合ですので「インターネット」は効率の良い広告と言えます。

一方で、いちばん上の「アパレル」は3.8%>0.5%で完全に効率の悪い広告ですね。

これをブロックしてやります。

googleアドセンス7

収益の可能性の低い広告をブロックしました。

クリック単価の低い広告や楽天市場・Amazonのブロックする方法

競馬ブログではクリック単価が1円や5円などの報酬はザラです。ギャンブル系は広告主もあまりつかずに大体どの広告会社か決まっているせいもあるかもしれません。

そこでクリック単価が安い広告や、楽天市場・Amazonといったネットショッピングの広告をブロックしてやります。ネットショッピング系は楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイトを導入した方が良いです。

googleアドセンスのサイトから「広告の許可とブロック」に進みます。ブロックしたいURLを追加していきます。お名前.COMもブロックしておきます。

googleアドセンスの広告をブロックする方法まとめ

今回は楽天市場・Amazon・お名前.COMの広告をブロックしました。コピペで簡単にブロックできますので、クリック単価が低くて悩んでいる人などは一度試してみるのも良い方法かと思います。

競馬ブログに関しては、もう少しギャンブル系の広告を多く配信して貰えればありがたいですね。しばらく様子を見てクリック率が上がるのを期待しましょう。

関連記事→Googleアドセンスの広告をWordPressブログのテーマSimplicityに貼り付ける方法

応援の投票お願いします。

コメント

  1. 吉川 より:

    はじめまして。

    とても分りやすく書かれた記事ですね。

    ブロックの仕方の説明も解りやすかったですし、

    試行錯誤はとても重要なのですが、

    それが、自分でも簡単にできそうだという感覚を持ちながら、

    読み進めることができました。

    記事とても参考になりました。

  2. YMS より:

    確かに記事に合った広告でないと、クリックしたいと思いませんよね。
    そういったブロックの仕方があるんですね!!
    知らなかったです。
    情報、ありがとうございます。
    私もしてみようと思います。